プロフィール

のアイコン画像

はじめまして。大嶋直樹です。
私は表参道で『大嶋直樹の美容室』を運営し、ワンオペ美容師として200万前後(ワンオペ最高は300万手前)の売上をキープしています。

このページでは、はじめての方に向けて、自己紹介をさせて頂きます。

常に『おもてなしの心』を持ち、お客様、地域、国に感謝と思いやりの精神で、『夢、希望、誇り』を持った人間である状態で、会社を運営しております。お客様はもちろんのこと、私自身も日々納得いく仕事ができるように心がけております。

全ては
私を指名してくれる
大切なお客様のために!


1977年1月28日生まれの愛知県津島市出身。『3ヶ月先まで予約が取れない美容師』として話題になったカリスマ美容師。顧客には芸能人や上場企業の社長や漫画家等の著名人も抱え、テレビ、ラジオ、雑誌等メディアでも活躍。中部美容専学校卒業後、5店舗を経て2006年名古屋市名東区に「BLESS名古屋」を設立。2011年に「marianne表参道」を設立。過去最高月間指名売上は520万円。2010年から資生堂プロフェッショナルの商品開発に携わる。2013年に化粧品メーカーを設立。テレビ、ラジオ、雑誌のメディアでも活躍。アジア最大級のヘアーショー「アジアビューティーエキスポ」に出演し、日本美容界最高権威のアカデミーショーJHAを受賞。また他店の美容師に技術講師、技術セミナーもしている。2015年頃から美容室の在り方自体が変わると予感し、2017年にワンオペ体制の可能性を確信し、従業員を個人事業主に転進させ、現在はワンオペで200万前後(ワンオペ最高は300万手前)を売り上げている。


Facebook:naoki.oshima.FB
Instagram:naoki.oshima

ビジネスも人生も「捨てること」をしたから今がある

私は25人前後の組織の社長でありながら「カリスマ美容師」と呼ばれてから今では大きく一転し、会社の社員はゼロ、美容師の仕事は全て一人でやるワンオペ体制になりました。組織の社長だった頃は、やりたくないこと、嫌いないことを我慢して組織を続けること、守ることに必死でしたが、それを全て捨てたことによって、その後は嘘のように全てが上手くいくようになりました。その折々にあったのは、私を指名してくれているお客様のために、お客様に対してより良くするために「捨てること」を徹底したことでした。

今こそまさに本当の「カリスマ美容師」だと自負しております。

過去に執着せず、未来に怯えず、今を生きる

もし、自分にある種の強さがあるとすれば、「捨てること」への、ためらいのなさかもしれません。信念として、どんな逆境にあっても未来を見据えながらも、今この瞬間を全身全霊で一生懸命にひたむきに生きる。そのために、捨てるべきものは何か、持っていなければいけないものは何か。私にとって事業を継続し、私を指名してくれる大切なお客様のためにもお金は絶対的に必要な存在であります。しかし仕事の内容と人間関係においては「捨てること」を徹底し、人生を幸せに生き抜くために常に最適化しています。

私は「日々感謝」、「思いやり」をとても大切にしている人間です

しかし、よく中小企業では、創業社長が「社員はみんな家族だ!」「助け合い一丸となって頑張っていこう!」とスローガンを掲げています。これは組織を維持するために社員を洗脳することが必要で、創業者が無理やり作ったスローガンでしかないと思っています。なぜなら当時の私自身がそうでありながらも、それは絶対に違う……と思っていましたし、今でも思っています。社員を束ねるマネジメントとして、そのスローガンが機能しているならば、別にいいと思いますが、私の感覚には全く添いませんし、何よりも私を指名してくれているお客様の方が大切でした。私は、仕事ができない社員や僕のお客様に対して下手な技術を施す社員に優しくできるような人間ではありません。「ついて来ていいけど、邪魔になって協力してくれないなら、どっかへ行って」というのが本音でした。社員を一枚岩にして、会社に求心力を持たせ、擬似(ぎじ)家族風の組織を構築する、、、。そんな経営は最悪な経営術だと思っています。グローバリズム、終身雇用崩壊など、社会が大きく変革していく中で、「組織」というものは、もはや最も危険な存在だと思っております。手掛けている事業や今後やりたいことについて人に話すことはあっても、“組織として”共有しようという発想は今の私にはありません。冷たいとか、ドライだと言われますが、本当にやりたいことでもないのに、意識の共有に縛られ、人生の時間を拘束してしまうことの方が、私は残酷で冷たいことだと思います。人の性格や能力に合わせて、自分の技術を教えたり、やりたいことやプランを説明するのが、今はすごく嫌です。昔風の表現をするなら、口でいちいち言わないでも分かる勘のいい人とだけ、一緒に仕事を共有しいたいと素直に思っています。
これまでの部下のなかで、「こいつはすごい」と感嘆するほど、私の思いを完璧に読み取り、意識共有を果たせたという人物はいませんでした。様々な社員が独立していきましたが、独立後に私の個人売上や会社の売上を抜かした美容師や経営者は一人も存在していません。みんなちょっとずつズレていて、組織ってめんどくさいなって思っていました。同じラインや目線で仕事をしようと思うと、社長と社員の関係では絶対に不可能だと考えています。 こういう考えの経緯で今に至ります。今のやり方で私を指名してくれているお客様のためにならないなら改めますが、順風満帆に上手くいっているので、改める必要はないと考えています。 つまり時代は大きく変わったということであり、さらにはもっと「個人」の時代に変わっていくと確信しています。

1996年 3月 中部美容専門学校卒業
2006年   3月   『有限会社ブレス』設立
2006年 4月   名古屋市名東区に『BLESS』設立
2006年 7月   指名売上360万達成
2006年 4月   指名売上400万達成
2007年 10月    JHA中部エリア賞受賞
2008年 10月    JHAニューカマー、ライジングスターノミネート
2008年 12月   指名売上520万達成
2009年 10月    JHAライジングスター優秀賞受賞
2010年   5月 アジアビューティエキスポ出演
2010年 10月    JHA中部エリアノミネート
2011年   8月    表参道店『marianne par BLESS』出店
2011年 10月    JHA東京エリアノミネート
2012年   7月   店名を『marianne表参道』に変更し拡張移転
2013年 11月 ヘアケアブランド『ASTALINE』設立
2014年 11月 『有限会社インプルーブ』代表取締役就任
2015年 10月 ヘアケアブランド『SOMAL』設立
2019年 8月 表参道店を『高難易度縮毛矯正表参道marianne』に店名変更
2020年 5月 名古屋『BLESS』閉店
2020年 6月 本社移転
2021年 4月 『大嶋直樹の美容室 高難易度縮毛矯正表参道』設立
2021年 6月 『高難易度縮毛矯正表参道marianne』閉店
2021年 7月  縮毛矯正薬薬剤『俺の縮毛矯正』を開発
2021年 11月  株式会社『WO-1』を設立
2021年 11月  全日本『俺の縮毛矯正』代表理事就任

JHA2007中部エリア賞
JHA2009ライジングスター優秀賞
アジアビューティーエキスポ2010

このサイトに訪れた多くの人が、大嶋直樹のことをほとんど知らないことと思います。知っているとしたら、愛知県の同世代の人か、JHAを毎年応募する人か、縮毛矯正をよくやっている人くらいではないでしょうか。他店舗展開をしてデッカい旗を挙げようとして東京に出て来た私が、全く逆のワンオペ美容師になり、自分の名前の美容室を表参道に持ち、様々な事業を手掛け、幸せな日々を手に入れるとは思いませんでした。そこで、私という人間を少しでも知って頂き、私の心境がどのように変わりワンオペ美容師に至ったのかも含め、簡単に自己紹介させて下さい。

ワンオペ美容師を通して幸せな人生を謳歌しています。

私は1977年1月28日に愛知県の稲沢市で生まれ、津島市という田舎町で育ちました。高校からは名古屋に通い、中部美容専門学校卒業後、5店舗を経て、2006年4月、愛知県名古屋市名東区に1号店の「BLESS」をオープンしました。オープンして3日目でオープニングスタッフがいきなり辞めるというアクシデントに見舞われつつも、2007年4月にはスタッフは12人になり、12月には1000万オーバーのお店になりました。そして2011年8月13日、憧れの表参道に出店しました。ここまでは大変な事がありつつも絵に描いたように順調に業績を伸ばして行きましたが、表参道に進出してからは本当に大変な日々で、自分自身の経営手腕の無さや、人として、美容師としてのレベルの低さに驚愕した日々を送るとは思ってもみませんでした。

集客の壁
表参道に進出した当初、最初に当たった壁が集客の問題でした。2011年当時、ちょうど激安のクーポンサイト(グルーポン、くまぽん、ポンパレ等)が主流になりつつあり、ホットペッパーでは無名の美容室が正規の金額や10〜30%の割引では新規集客をする事がほぼ不可能でした。その為、新規客を正規の金額からかけ離れた金額でしか集客できませんでした。今思うととんでもない金額ですが、顧客を創造して行く為に当時はその方法しかなく、カットカラートリートメントで2980〜4980円の激安で新規客を集客していました。悲惨な集客を繰り返し、なんとか売上を確保し、赤字を脱却できる状況になったものの、次に立ちはだかる壁はスタッフの問題でした。

育てても育ててもスタッフが辞める
育てても育ててもスタッフが辞めるというサイクルが繰り返されました。新卒からスタイリストになるまでに、散々私のお客様でフォローしきれない失敗をされた上でなんとかスタイリストデビューをしたのは良いですが、そこまで苦労してスタイリストに育てたにも関わらず、

1、やりたいことと違うと言い出しデビューしたてで退職
2、1年ほどスタイリストとして働き実力不足なのに給与が安いという理由で業務委託に転職
3、興味本位で東京に出てきてホームシックで地元に帰りたいと退職

などなど。育てても育てても辞めて行くというサイクルが常に繰り返されました。このような事はどこのサロンでもよくあることだと思います。その上、私はフリー客を一切やらない状態なのに、自分勝手に辞めて行く社員の為にホットペッパーに50万の広告費を払って集客したお客様を担当させる事が心底バカらしく感じる様になりました(完全赤字です)。ガンガン失客するのに、それでも散々新規客を担当させてあげたのに、育てても育てても辞めて行くんです。そもそも自分の為ではなく、社員の為に会社や私がリスクを負って集客しなきゃいけないのかと本気で馬鹿らしく思う様になり、時代背景を考えると、新卒を雇いスタイリストに育て組織を運営していく事は、無駄な労力が増え限界だと確信しました。ちなみにこの悪循環はどこの美容室でも起こっていて、給与が安く拘束時間が長い大型カリスマサロンはどこも中間層のスタイリストが抜けています。

アシスタントは必要ない
アシスタントにシャンプーやカラーやブロー等を担当してもらう事にも限界を感じる様になりました。若いアシスタントの接客は相当に杜撰なものがあり、アシスタントが犯す技術のミスをフォローすれば許してもらえるような時代ではなくなってきました。表参道の美容師さんはみんな上手な上に、ワンオペ美容師やフリーランス美容師が増えた事により、最初から最後までかなり上手な一人の美容師が担当する状況があり、今現在もお客様の求めるレベルはどんどん上がり続けている為、かなり優秀なアシスタントではない限りお客様の満足度は極端に下がります。昔は予約が全く取れなかったカリスマ美容師も、今では当日でも予約が簡単に取れたりするようなガラガラな状況です。表参道の美容室では、一人の美容師から至れり尽くせりの対応が受けられるのが当たり前になってきたのもあり、シャンプーやカラー等担当が変わる事に顧客様が嫌になり、かなり多く失客もしました。大して練習もしない経験が浅く質の悪いアシスタントのヘルプでは、満足して頂くことはどんどん困難な状況になっていきました。私と同じ熱い気持ちでお客様と向き合わない質の悪いアシスタントが、上手な美容師に至れり尽くせりのワンオペ対応をされているお客様を満足させられる事は不可能だと確信しました。

その上、労働基準法の関係で練習時間も賃金を支払わないといけない様になりました。ここまで来ると阿呆らしすぎて組織を持ち運営していく事が時代背景に完全に合わなくなってきていると確信しました。表参道では求人に極端に困る事はなかったですが、表参道の場合、良い人材は全てカリスマサロンに持って行かれます。その為、表参道にも関わらずスタッフの質が非常に悪かったですし、年々、新卒や中途スタッフの質もどんどん悪く感じるようにもなりました。楽しく有意義な美容師人生を送りたいなら、組織を辞めワンオペ美容師になるしかないと確信しました。もう組織は限界だと感じ思い切ってワンオペ美容師に転向する機会を伺っていました。

2019年に思い切ってワンオペ美容師に転向
私は本当に美容師の仕事が大好きです。お客様の中には、そこまでの技術の拘りを僕に求めていない方もいるとは思いますが、職人気質でこの性格であるため、どうしても異常な拘りを持って仕事をしてしまいます。そのクオリティをアシスタントやその他のスタッフに求めても私の求めるレベルを実現する事は不可能であり、満足いく仕事をお客様に提供できない事がとても苦しく、失礼に感じる日々でした。全てが1人で全てが成り立つようにする事を数年前から準備していた為、2019年に思い切ってワンオペ美容師に転向しました。

そして自分の残りの人生を65歳まで働くと考えた時、残りの美容人生を精一杯過ごし、ヘアスタイルを本気で提供する人生を歩みたいと思い、自分自身の名前の美容室を作りワンオペサロンオーナーに転身しました。今ではワンオペ美容師として200万前後の売上を保ち(ワンオペ最高は300万手前)、幸せな日々を過ごす事が出来ています。

ワンオペ美容師として成功したい人へ

1、
2、売上の目処が立たない方
3、これから独立される予定の方
4、赤字店舗を抱え撤退が視野に入ってきている経営者さん
ぜひ事務局にご相談ください。

ゼロから独立して半年でワンオペにて月商150万に達する美容師さんや、赤字店舗で2ヶ月後には撤退するというギリギリの状況から、ワンオペサロンオーナーになり2ヶ月でV字回復するサロンオーナーさんも輩出しています。異次元の縮毛矯正に加盟されて私のコンサルを受けたどの美容師さんも人生が180度変わっています。自分一人ではなしえなかった圧倒的な成長速度で売上を伸ばされています。もしあなたがいま美容室経営にお困りで売上の目処が立たないようでしたら、ぜひ事務局までご相談ください。
その手で、幸せな美容師人生を掴んでいただければと思います。

詳しい詳細は以下から事務局にお問い合わせ下さい。

異次元の縮毛矯正の技術を手に入れませんか?

日本中の癖毛で悩んでいる女性が、この異次元の縮毛矯正が受けられるよう一緒に成長していく会員様を、競合他社にならないように、エリア制で募集しております。俺の縮毛矯正は、日本に存在する縮毛矯正の中でも圧倒的に次元が違い優れていますので、縮毛矯正の悩みは一切無くなります。習得すると圧倒的な美髪になる縮毛矯正を施せるようになる為、既存エリアでは、どこのサロンも貴店に絶対に勝てない、圧倒的にクリティの高い縮毛矯正を提供できる美容室になります

導入サロンの実績や声として、
・縮毛矯正に苦手意識が全くなくなった!
・今まで体験した事ない施術クオリティに感動!
・どれだけ強いくせ毛も伸ばせるようになった!
・仕上がりがしなやかで柔らかいのにびっくりした!
・失敗が防げて、ダメージしている髪も全く怖くなくなった!
・他店でのお断り客を対応出来るようになり技術価値が上がった!
・ブリーチ毛も怖くない!
以上のようなお声を頂いております。中にはワンオペで私と同じように200万超の売上を持つ人もいます。

私が今のような幸せな毎日を送れるきっかけになった要因のひとつに、異次元の縮毛矯正を身につけたおかげもあります。普通の美容室では非日常的な出来事が、今の私には日常的に起こっています。あなたが異次元の縮毛矯正を身に付けたならば、これらの出来事はあなたにとっても日常になるかもしれません。

詳しい詳細や導入に関しては以下から事務局にお問い合わせ下さい。