14、危険!失敗しやすい美容室独立の始め方

こんにちは。表参道ワンオペ200万美容師の大嶋直樹です。サイトに御訪問頂きありがとうございます。誰にも媚びず、好きな人、モノ、事にしか囲まれていない人生を歩んでいます。

ここでは「独立するにあたり気をつける事を教えて下さい」との相談をよく受けますので、ここでは独立するについての注意点をお伝えします。ここに書かれている事が正解かどうかは人によって変わると思いますが、あくまでも私の価値観の範囲でお応えさせて頂きます。

お客さまがゼロの状態での開業はNG

テナント、マンションの一室、自宅サロン、、、。色々な営業形態がありますが、開業の時点で

『あ、、、、マズいな、、、』

となってしまうケースに、どんなモノがあると思いますか??

ホームページがない?名刺がない?パンフレットがない?

そうではなく、、、。

プライベートサロン、テナントサロン全ての美容室に共通して言える事なのですが、お客さまがゼロ、もしくは、ほとんどいない状態での開業は、心の底からオススメしません。資金が潤沢にない限り、間違いなく撤退することになると思います。私は名古屋から表参道に進出したタイプですが、最初は本当に本当に大変でした。顧客ゼロに近い状態でのスタートがこんなに大変な事になるとは思ってもみませんでした。今思い出しても、恐ろしくなり、本当によく今こうしていられるなと、運が良かったなと思いますが、二度とあの感情を体験したくはありません。

この話はあくまでもワンオペサロンか小規模でやる形での私の考え方であり、これが正解なわけではありません。「上手くいけばそれがあなたの正解」ですので、あくまでも数ある考え方の一つだと思って参考にして下さい。 

何よりも先に『集客』

表参道から地元に帰って開業する人も沢山いますが、表参道で芸能人を担当しているぐらいのカリスマ美容師さんでも、撤退することになってしまったケースも多数あるぐらいです。仕事柄、たくさんのサロンオーナーさんのお話を聞いてきましたが、経営につまづいているサロンオーナーさんの約8割が開業してから集客を始めていました。完全に順番が逆ですね。集客してから開業が正しい順番になります。理想は、オープン前の段階で、オープンから向こう1〜2週間の予約が埋まっている状態を作れている状態で開業する事です。開業したは良いものの、白い予約帳を見つめ、やることがなく、鳴らない電話、通知の来ないパソコンを横目にひたすらサロンの掃除をする、、、。そんな事にならない為に、独立、開業を決めたら、まず、何よりも先に『集客』を始めましょう!

まずはホームページを作ろうとする人が多いですが、ホームページはそれ自体には何の拡散能力もないので、資金が潤沢にあり広告をかけられるなら別ですが、ホームページでの集客は出来ません。開業、独立を決めたなら、その場所で成功しやすいやり方での集客を何よりも先に始めましょう!お客さまがいない状態ほど辛いものはありません。

表参道の美容師さんの場合、地元に帰って開業したい人も結構いますが、いきなり開業するのではなく、一旦開業する近くのお店に入社し、顧客をある程度獲得してから開業することをお勧めいたします。

兎にも角にも、まずは『集客』をしましょう!

出店前にデーターを集めて勝てるか見極める 

まず、出店前のエリアリサーチです。 これは人口だけではなく同業者がどれくらいの熱量でやっているのか? 「〇〇区 美容室」などで出てくるホームページを100サイトほどファイリング化し、 

・メニュー構成 
・マーケティング手法 
・ライン@の登録人数 
・オーナーのインスタとフェイスブック 
・社員のインスタとフェイスブック 
・各SNSのフォロワー数 

などを把握していきます。 そして、その同じエリアにいる同業者と比較して、 顧客目線で選んでもらえる理由を言語化します。 この段階で言語化できなければ出店してもジリ貧になる可能性もあるので、 一直線に勝ち抜くためにはどの様に勝つのか?勝てるのか?を言葉で説明していきます。 説明できないのなら固定費をかけて勝負しないで下さい。 出店とともに固定費が必要になるので、出店してからだと学ぶ事に使えるお金が一時的に少なくなります。 なので、 

『勝ち戦を説明できるまでは、何となくで出店はしない』 

というのはすごく大事ですね。 失敗するタイプの人に多いのが、ただその場所に行ってテナントを探し、街の空気を同時に感じてなんていう単純明快なアホな行動を取る人です。必ず失敗します。

出店前に試せることは全て試す 

行き詰まってるオーナーさんは、たいてい出店してから慌ててブログを書いたり、SNSをやったりしています。 はっきり言って、これは遅いです。完全に準備不足です。 雇われの時はサロンに守られていましたので、サロンが勝手に広告費をかけて毎日当たり前のようにお客様が御来店します。 このぬるま湯の状態で一切マーケティングの勉強をすることなく、いきなり出店して集客に失敗し、慌ててリカバリーしようとしても、まず撤退となるでしょう。独立する前に、最低でもブログを書いて、ブログ内でメニューページを作り提示し、そのメニューを単価1万円で構成して、ホットペッパービューティーではなく、ラインを組み込み、そこでコンバージョンを調査してください。 ホットペッパーからではなく自身のブログから成約が月に20本が取れるのが分かれば、 あとは勝ち負けではなく数字のゲームです。 いかに同業者ひしめくエリアで勝てるのか? これを出店前に徹底的に構築しておくことが大切です。 

出来るだけお金をかけない 

何が起こるか本当にわからないので、「最悪のケース」を想定して勝負に出てください。 施工資金をかけすぎないよう気をつけましょう。 借入金はあとあと返済しないといけないので、施工にお金をかけすぎ借り入れが膨れ上がると、全て固定費にのしかかります。せっかくの独立で想い描いた店作りをしたいところですが、そこはぐっと我慢し、お金をかけず、また返済期間もできる限り長く設定してください。もし希望の内装を作りたければ勝ち戦を立証できてからで遅くはありません。返済期間もお金さえ用意できれば後でまとめて返せます。 

ゴールに辿り着くための行動を積み重ねていきましょう。 夢を夢で終わらせないためにも、ゴールに辿り着くための行動を毎日選択し行動して下さい。それができれば、必ず昨日より少しでも前進できます。 

最後までお読みいただきありがとうございます。参考になれば嬉しいです。それでも、すぐにでも開業したいという方も中にいるかと思います。そんな人の為にいきなり開業しても唯一上手くいく方法もありますので、悩んでおられる方は是非一度ご相談ください。

読者様の身も心も豊かになり、幸せな人生が歩めることを願っています。

異次元の縮毛矯正の技術を手に入れませんか?

日本中の癖毛で悩んでいる女性が、この異次元の縮毛矯正が受けられるよう一緒に成長していく会員様を、競合他社にならないように、エリア制で募集しております。俺の縮毛矯正は、日本に存在する縮毛矯正の中でも圧倒的に次元が違い優れていますので、縮毛矯正の悩みは一切無くなります。習得すると圧倒的な美髪になる縮毛矯正を施せるようになる為、既存エリアでは、どこのサロンも貴店に絶対に勝てない、圧倒的にクリティの高い縮毛矯正を提供できる美容室になります

導入サロンの実績や声として、
・縮毛矯正に苦手意識が全くなくなった!
・今まで体験した事ない施術クオリティに感動!
・どれだけ強いくせ毛も伸ばせるようになった!
・仕上がりがしなやかで柔らかいのにびっくりした!
・失敗が防げて、ダメージしている髪も全く怖くなくなった!
・他店でのお断り客を対応出来るようになり技術価値が上がった!
・ブリーチ毛も怖くない!
以上のようなお声を頂いております。中にはワンオペで私と同じように200万超の売上を持つ人もいます。

私が今のような幸せな毎日を送れるきっかけになった要因のひとつに、異次元の縮毛矯正を身につけたおかげもあります。普通の美容室では非日常的な出来事が、今の私には日常的に起こっています。あなたが異次元の縮毛矯正を身に付けたならば、これらの出来事はあなたにとっても日常になるかもしれません。

詳しい詳細や導入に関しては以下から事務局にお問い合わせ下さい。

ワンオペ美容師として成功したい人へ

1、縮毛矯正の苦手を克服したい方
2、売上の目処が立たない方
3、これから独立される予定の方
4、赤字店舗を抱え撤退が視野に入ってきている経営者さん
ぜひ事務局にご相談ください。

ゼロから独立して半年でワンオペにて月商150万に達する美容師さんや、赤字店舗で2ヶ月後には撤退するというギリギリの状況から、ワンオペサロンオーナーになり2ヶ月でV字回復するサロンオーナーさんも輩出しています。異次元の縮毛矯正に加盟されて私のコンサルを受けたどの美容師さんも人生が180度変わっています。自分一人ではなしえなかった圧倒的な成長速度で売上を伸ばされています。もしあなたがいま美容室経営にお困りで売上の目処が立たないようでしたら、ぜひ事務局までご相談ください。
その手で、幸せな美容師人生を掴んでいただければと思います。

詳しい詳細は以下から事務局にお問い合わせ下さい。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする