はじめに

こんにちは。表参道のワンオペ200万美容師、大嶋直樹です。サイトに御訪問頂きありがとうございます。誰にも媚びず、好きな人、モノ、事にしか囲まれていない人生を歩んでいます。ここに書かれている事が正解かどうかは人によって変わると思いますが、あくまでも表参道でワンオペにて200万前後を売上げる私の価値観の範囲でお伝えさせて頂きます。

誰でも上手くいく簡単な法則

はじめに誰でも上手くいく簡単な法則をお伝えします。

「上手く行ってる人のやり方をそのまんま真似る」

たったのこれだけです。ですが、これを素直に受け入れ、実行に移せない人が世の中の96%です。だから年収1000万以上の人は4%しかいないんだと思います。こんなに簡単なことを

なぜやらないのか?
なぜ理解できないのか?
なぜ分からないのか?
なぜ違うことをしようとするのか?

私からすると不思議で仕方がありません。成功の原理原則はある程度は決まっています。

私には組織として1000万を売上げる経営能力や、チームとして500万を指名で売上げる能力や、ワンオペで300万を売上げる能力がありますが、何度も言いますが、成功したいのであれば、そのやり方を完全に真似すれば良いだけです。時代背景が変わり、様々なやり方を変えなくてはいけない事に対応するのが嫌になり、私はワンオペ美容師になりましたので、今の私には、組織として1000万の売上や、チームとして500万の売上を上げる今の時代に合うノウハウはありません。しかしワンオペ美容師として最高300万手前まで上げましたので、今の時代に合う200万前後の売上を上げる完璧なノウハウはあります。

私も完コピして成功に至ります

私が上手く行ったのは、従業員として勤務させて頂いている時に、400万以上を指名で売上げているオーナーがいました。その人を完コピしただけです。自分ができる範囲は全部完コピさせて頂きました。立ち居振る舞い、話し方、服装、髪型、ハサミの入れ方等、何から何まで全て完全にコピーしました。周りからは〇〇さんの真似?生まれ変わり?ミニチュア版?と言われたぐらいです。

私は、独立のために退社するまでに、その美容室が少人数で1店舗しかない時から50人の大所帯になるまでの全てを運よく隣で見させて頂きましたので、個人売上を伸ばす方法や、店舗の売上を伸ばす方法や、溢れるぐらいの求人が来るやり方等を全て自動で学ばさせて頂けた事により、独立してからもそのまま同じことをやっただけなので、大変な事もなく1000万超えのお店にする事も簡単でした。しかし、業務委託で働く美容師が増えだした頃から、今まで通用していた様々なやり方が通用しなくなり、それに対応するのが嫌になりワンオペ美容師になることを決意しました。

ワンオペ美容師になる時も、200万前後を売上げる先輩美容師が私のお店の面貸しで働いてくれたおかげで、ワンオペ美容師の素晴らしさや可能性を理解することができ、その先輩たちがワンオペサロンオーナーになり成功して行くところまでを隣で見させて頂いので、その先輩の真似をして徐々にワンオペに移行していき、もう絶対大丈夫と確信したところで完全にワンオペ美容師に転身しました。さらにワンオペで300万売上ている美容師さんも面貸しで働いてくれていたので、300万以上売上げる為にその人をかなり参考にしました。

成功しない人ほど真似しない

成功しない人ほど真似をせず違うやり方をします。過去の数多くの社員もそうでした。何度も言いますが、私には500万を指名で売上げる能力や、ワンオペで300万を売上げる能力がある訳です。すぐ隣に、しかも同じ空間に偉業を出す美容師の存在がある訳ですから、私の真似をすれば良いだけなのです。にも関わらず、プライドが邪魔なのか何なのかよく分からないですが、行き詰まっていても何も聞いてこないし、私のやり方と反対のことをするし、私を避けようとするし、挙げ句の果てに私から離れようとします。私に正当な意見で徹底的に詰められ、私のことが本当に嫌になることも理解できますが、それでも成功している人が同じ空間にいる訳ですから、私から言わせて貰えば素直に聞かず真似しない社員はアホとしか言いようがありませんでした。言葉が悪く嫌な言い方ですが、はっきりとした言い方をすると、つくづく真似しない従業員のことをプライドが高いだけのただのバカだと思ってました。私の存在が近すぎて、私のやり方が嫌いで素直に聞けない事も理解できますが、私の方が圧倒的に美容師としての能力は長けている訳です。

指名500万売上げることができる美容師が日本に何人いますか?
ワンオペで200万売上げることができる美容師が日本に何人いますか?
タワーマンションに住めている美容師が日本に何人いますか?
スーパーカーに乗れている美容師が日本に何人いますか?

こんな存在が近くにいるんですよ?プライド捨てて真似したらどうですか?

過去にこういう社員もいました。アシスタントの時に、300万以上売上げて年収1000万以上になって良い暮らしがしたいと常に言っていたのに、愛知県に帰って300万を売り上げることができないオーナーのお店に入るんです。スーパーカーに乗りたいのに、いい家に住みたいのに、お金持ちになりたいのに、そういう価値観の人の下で働かないんです。それではなれる訳がないんです。めんどくさいながらも辞めるときに軽く説明しましたが、彼は私の言う事を聞きませんでした。で挙げ句の果てにお金じゃないと言い出す、、、。お金を持ってからお金じゃないと言えです。もちろん彼は現在もそのような人生を手に入れることはできていません。

成功しない人の特徴として、なぜか目の前や同じ職場に成功している人がいるのに、表参道の売上が上がっていない安月給の有名美容師のセミナーに10,000円も払って無駄な時間を使い、しかもその内容を実行するんです。目の前に成功している人がいるのに、成功している人の言う事を全く聞かず、売れてないのに知名度だけある表参道の安月給の美容師のセミナーにお金を払うんです。だから絶対にうまく行くはずがないんです。成功したいなら、この単純な法則を理解して下さい。

素直な人が伸びると言いますが、、、

よく素直な人が伸びると言いますが、ここで言う素直とは、言った通りの事をそのままやる人のことを言います。成功したいなら目標に到達するまでは成功している人を完コピして下さい。あなたが仕事をしている地域で成功している人のところまで行って、頼み込んで教えたもらって下さい。それが無理ならそこに入社して下さい。そしてその人のやり方を丸パクリして下さい。そしたら必ず成功します。

お店に成功している人がいるのなら、その人のことが嫌いでも、その人のやり方を丸パクリする
お店に成功している人がいないなら、その地域で成功している人に話を聞きに行き丸パクリする

目標を達成するまではとにかく誰かの真似をして最短距離で目標を達成してください。それから自分のオリジナルを入れてください。そしたらもっと飛躍します。

最後までお読みいただきありがとうございます。
参考になれば嬉しいです。
読者様の身も心も豊かになり、幸せな人生が歩めることを願っています。

ワンオペ美容師として成功したい人へ

1、周りに成功している人がいない方
2、売上の目処が立たない方
3、これから独立される予定の方
4、赤字店舗を抱え撤退が視野に入ってきている経営者さん

ぜひ事務局にご相談ください。

ゼロから独立して半年でワンオペにて月商150万に達する美容師さんや、赤字店舗で2ヶ月後には撤退するというギリギリの状況から、ワンオペサロンオーナーになり2ヶ月でV字回復するサロンオーナーさんも輩出しています。異次元の縮毛矯正に加盟されて私のコンサルを受けたどの美容師さんも人生が180度変わっています。自分一人ではなしえなかった圧倒的な成長速度で売上を伸ばされています。もしあなたがいま美容室経営にお困りで売上の目処が立たないようでしたら、ぜひ事務局までご相談ください。
その手で、幸せな美容師人生を掴んでいただければと思います。

詳しい詳細は以下から事務局にお問い合わせ下さい。

異次元の縮毛矯正の技術を手に入れませんか?

日本中の癖毛で悩んでいる女性が、この異次元の縮毛矯正が受けられるよう一緒に成長していく会員様を、競合他社にならないように、エリア制で募集しております。俺の縮毛矯正は、日本に存在する縮毛矯正の中でも圧倒的に次元が違い優れていますので、縮毛矯正の悩みは一切無くなります。習得すると圧倒的な美髪になる縮毛矯正を施せるようになる為、既存エリアでは、どこのサロンも貴店に絶対に勝てない、圧倒的にクリティの高い縮毛矯正を提供できる美容室になります

導入サロンの実績や声として、
・縮毛矯正に苦手意識が全くなくなった!
・今まで体験した事ない施術クオリティに感動!
・どれだけ強いくせ毛も伸ばせるようになった!
・仕上がりがしなやかで柔らかいのにびっくりした!
・失敗が防げて、ダメージしている髪も全く怖くなくなった!
・他店でのお断り客を対応出来るようになり技術価値が上がった!
・ブリーチ毛も怖くない!
以上のようなお声を頂いております。中にはワンオペで私と同じように200万超の売上を持つ人もいます。

私が今のような幸せな毎日を送れるきっかけになった要因のひとつに、異次元の縮毛矯正を身につけたおかげもあります。普通の美容室では非日常的な出来事が、今の私には日常的に起こっています。あなたが異次元の縮毛矯正を身に付けたならば、これらの出来事はあなたにとっても日常になるかもしれません。

詳しい詳細や導入に関しては以下から事務局にお問い合わせ下さい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする